« ■セラピストになるまで⑧ 「国際的な自然療法の総合学院となる」 | トップページ | ■春の野草ノビル »

2009年4月 9日 (木)

■セラピストになるまで ⑨「学ぶことは絶対にやめない」

393 たくさんの素晴らしい出逢いに恵まれたお陰で現在の自分があることを、とても感謝しています。

IMSIでの講師活動と、併設サロンThe Instituteでのセラピスト活動、そして、美容クリニックやスパ施設でのセラピストやスタッフ教育なども担当させて頂きました。

病院や地域社会のセミナー、企業主催の講演会やイベント、美容師研修の講師なども経験させて頂きました。

でも、どんなに忙しくても、「学ぶこと」は絶対にやめませんでした。

もっとひとの心と身体と精神に深く関わりたいと思い、臼井式レイキを学び、そしてエサレンボディワークの門を叩きました。

Dsc_33632005年には、1ヶ月間のバリ島のトレーニングに参加し、エサレンボディワークプラクティショナーとなりました。

本場カリフォルニアのエサレン インスティテュートにもこれまでに4回訪れ、ボディワークのアドバンスコースやヒーリングのコースに参加しました。

また、2008年には再度バリ島の1ヶ月コースに今度はスタッフとして参加し、通訳と実技指導を担当させて頂きました。

現在ボディワーク科でご紹介しているタッチセラピーの基礎、ロングストロークストレッチ、関節のムーブメントなどは、エサレンボディワークで培った技術に、日本のサロンやスパで必要とされる技術を加え、独自にアレンジしたのです。

345そして、2005年にデンマークの先生からフェイシャルを学んだことから、世界的に有名なベトナムの顔のリフレクソロジー「ディエンチャン」を知り、2008年より創始者のドクターチャウと交流をはじめました。

現在はこの「ディエンチャン」とベトナムの伝統療法を勉強中です(目標は2009年中に基礎コース修了!)。

ベトナムで出逢った民間療法、イギリスでガブリエルモージェイに教わったアロマセラピー、ロネのフェイシャルリフレクソロジー、そしてディエンチャンのどれにも、その根底に「東洋医学」があり、以前より「本格的に東洋医学を学びたい」と思っておりました。

また、私は「海外」に縁のある人間ですから、、「将来は、海外で東洋の自然療法を教えることになるかもしれない・・・」なんて勝手に予感しているのです(笑)。

それで、この4月より、念願かなって鍼灸専門学校の夜間部に通うことになりました。

原点に戻り、心新たに再スタートという気持ちです。

勿論、IMSIでの講師活動も、今まで以上に、心を込めて行っていきたいと思っています。

「学ぶ」のもずっとやめませんでしたが、「教える」ことも一度も途切れずずっと続けてきました。

手前味噌ですが、セラピー初心者の方への懇切丁寧な指導は日本一fujiではないかと自負しております。

また、セラピー上級者の方に対しては、どこまでも果てしないマニアックなトークや技をご披露いたします。

座右の銘は「粘~ギブアップ!」。

IMSIスタッフ内でのニックネームは「お地蔵さん」(似てる!?)

仏の心と、絶対に諦めない粘り強さで、これからも生徒さんの皆さまに対して、手厚いご指導をしていきたいと思います。

cherryblossomcherryblossomcherryblossom

これまで、長々とした私の自己紹介にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

これで自己紹介は終了ですが、次回より、セラピストの方や自然療法にご興味のある方に役立つ情報を定期的にお届けしたいと思います。

これからもどうぞお付き合いください。

どうぞよろしくお願いいたします。

冨野玲子

|

« ■セラピストになるまで⑧ 「国際的な自然療法の総合学院となる」 | トップページ | ■春の野草ノビル »

自己紹介」カテゴリの記事