« ■ディエンチャンの顔ツボ紹介 その8 魚の骨が喉に詰まった時のツボ | トップページ | ■IFPAセラピストフォーラム・グローバルナチュラルセラピーカンファレンス終了しました! »

2010年10月20日 (水)

■ディエンチャンの顔ツボ紹介 その9 トイレを我慢する時のツボ

日本とは法律が違うベトナムでは、ディエンチャンは「治療」として扱われている面もあります。

病気になっても病院に行けない人もたくさんいらっしゃるベトナムでは、民間療法の信頼度も高く、ドクターチャウのクリニックには、重篤な疾患を持つクライアントさんも救いを求めてたくさんやってくるのです。

一方で、思わず噴き出してしまうような、笑えるツボもあるのもディエンチャンの特徴。

「尿量を減らすツボ」ですから、最初は「尿崩症」のようなシリアスな疾患を想像していたのですが、「町中でトイレに行きたくなっても、トイレが見当たらない時に使う」のだそうです・・・・(笑)。

「利尿作用のツボ」はよく見かけますが、「尿を我慢できるツボ」は私が知る限り、ディエンチャンだけです!!

とはいえ、これが結構使えるんです!

日本では、都会なら駅やスーパー、コンビニ、などにトイレがあるので、外出先で困ることはそんなにありませんが、海外では結構な問題です!

ベトナムは勿論ですが、イギリスやアメリカでも、トイレがなくて困ったこともたくさんありますよ。

(そうそう、イギリスでは、図書館にもトイレがなくて、ビックリしました!!トイレを使うために近所のカフェに行って、トイレだけ使うわけにかないので、ついでお茶を飲んで、図書館に戻り、するとまたトイレに行きたくなるので、またカフェにいってトイレに行って、お茶を飲んで、図書館に戻り、するとまた・・・という繰り返しでしたっ!!)

101001_1012411

あごの膨らみの中央、87番です。

膀胱の筋肉の伸縮性を高めて、尿を多く溜めることができる様にするそうなのですが・・・・。

身体に悪くない程度にお試しください(笑)。

ベトナムから初来日!ドクター・チャウの第1期生募集中 fuji

ベトナム・Viet Y Dao(越医道)認定ディエンチャン・ディプロマコース11月開講

2011年新春開講!西国IR認定ビューティーセラピー資格認定コースheart02

西国IR認定コスモフェイシャル2011年新春開講

西国IR認定コスモリフト2011年新春開講

東京・表参道 自然療法の国際総合学院

IMSI The International Medical-Spa Institute

http://www.imsi.co.jp

|

« ■ディエンチャンの顔ツボ紹介 その8 魚の骨が喉に詰まった時のツボ | トップページ | ■IFPAセラピストフォーラム・グローバルナチュラルセラピーカンファレンス終了しました! »

世界の自然療法 ①ベトナム」カテゴリの記事