2012年9月11日 (火)

■ありがとうございました!ディエンチャン・アドバンスコース終了しました!

今日は、ディエンチャン・アドバンスコースの最終日。

今日も、生徒さん一人一人の発表から始まりました。

5

ベトナムでも、フランスでも、世界各国で、ディエンチャンの生徒は、症例を皆にシェアすることがとても大事だと教えられます。

「ツボや反射区には、まだ知らないスゴイ効果がある。

だから、生徒の皆さん、実践した結果を是非私に教えてください」

と、チャウ先生もいつも言っているのです。

今日も、家族や自分、クライアントに対する素晴らしい結果の報告がありましたヨ。

(私は、朝から晩まで学び、更に夜セラピーの仕事をしているという生徒さんの働きぶりに感激しました!)

今日も、陰陽気功の復習、生徒さんからの病気の対処法に対しる質疑応答と、盛りだくさん。

そして、最後はお待ちかねの”顔診断”です。

顔をじーーーっと見て、

8

ツボ探し棒で、痛い所=生きたツボを刺激していきます。

9

将来、どのような病気に気を付けたら良いかなどが分かるのです。

6

「私は心臓!」

「私は肺!」

など、皆さん大盛り上がり。

未来の病気を予測されるなんて、ドキドキですが、備えあれば憂いなし!!

あらかじめ自分の体質を知って、気を付ければ良いのです。

顔診断は、難しい技術ではありません。

モジュール1~3の反射チャートの知識と、少しのコツがあれば、誰でも簡単に行えるのですよ。

セラピストとして、セルフケアやクライアントのアドバイスに役立ちますね!!

↓こちらは、休憩時間のディプロマ準備の図。

7

手書きで、生年月日や出生地、現住所などの情報を書くベトナム式のディプロマ。

沢山書くのが大変なので、来年から印字してプリントアウトするスタイルに変えれば?と言ったのですが、

やっぱり手書きのほうが価値があるようなのです。

どんなに手間暇かかっても、チャウ先生は心のこもっているほうを選びます。

そして、一人一人にディプロマ授与&写真。

9_3

皆様、おめでとうございます!

10_2

(↑カメラが電池切れで、スマートフォンで撮った写真。やっぱり暗い・・・)

地方から来て、ホテルや友人宅に宿泊している方も多かったこのクラス。

片道2時間かけて通って下さる方もいました。

誰一人6日間連続で欠席することなく、皆様、よく頑張りました!!!

これから、是非チャウ先生の教えを実践しながら、セラピストの仕事に役立てていってくださいね。

目指すは、

71歳になってもツルツルのお肌 & 機関銃トーク!!

8_4

卒業生の皆様、またお会いしましょう!!

復習会開催しますので、楽しみになさっていてください。







|

2011年2月19日 (土)

■自宅のお風呂でプチ・バリニーズ

「南の島のスパに行きたい・・・

なんて妄想しつつも、

都会で忙しく暮らす私には、夢のまた夢・・・」

そんな方に、5分で手軽に出来る!バリニーズセラピーをお教えしますhappy01

1

用意するもの:

●セラピー用のクレイ大さじ2杯(自然療法のショップで購入可能)

●精油数滴

●市販の無糖のプレーンヨーグルト

粒の粗いバリニーズスクラブは、掃除が面倒なため、クレイで代用!

同量の水でペースト状に溶かし、精油を数滴落とします。イランイランの精油を使って、南国情緒を醸し出すのも良いですね!

全身クレイパックした後は、数分置いて、そのままシャワーで流します。

その後は、全身にヨーグルトを塗りたくります。

ヨーグルトは、スグにシャワーで流してもOK。

角質除去&保湿で、すぐに服を着てしまうのが勿体無いくらい、スベスベになりますよ!!

crown2011年2月も魅力的な国際ディプロマコースが続々開講shine

2011年3月には、憧れのビューティーセラピストとしてデビュー!

西国IR認定コスモフェイシャル2011年2月開講 

西国IR認定コスモリフト2011年2月開講 

2011年10月には、ホリスティックセラピストとして活躍!!

西国IR認定フェイシャルリフレクソロジーディプロマコース20112月開講

英国IFPA認定アロマセラピーディプロマコース2011年2月開講

flair2011年もIMSIでしか受けられない海外来日セミナーが盛り沢山lovely

来日セミナー情報は、IMSI TIMESウェブサイトをご覧ください!

http://www.imsitimes.com/

東京・表参道の自然療法の国際総合学院

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

|

2009年7月17日 (金)

■アロマの蚊取り線香

090712_214522 夏ですね・・・。

蚊が出てきました。

我が家では、バリ島で買ってきたナチュラルな蚊取り線香を使っています。

DEETという化学成分が入っていなくて、シトロネラ、ニームなどの虫除けハーブが練りこまれています。

香りもアジアンチックで、気に入っています。

同じく、バリで買ってきたカエルのお香立ても愛用中。

家が涼しげな雰囲気になります。

シトロネラのほかに、レモングラス、ゼラニウム、ペパーミントなどの精油には虫除け効果がありますので、簡単にアロマの虫除けスプレーも作れるのですよ。

8月のお盆にアロマエキスプレスクラスが開講します。

私も担当します。

アロマについてもっと詳しく知りたい!という方は、

是非情報ご覧くださいね。

http://www.imsi.co.jp/course/at/aroma_express.html

|

2008年4月22日 (火)

■バリより~動と静 by次女

Img_0513 エレン先生とリオニド先生たちが、ワークショップをするための素晴らしいロケーションを探し回ったあげく、ジャングルの中で自分達で設計図を引き、この会場を作ったのだと、今回の滞在中に知りました。

他にも、自分が生徒だった時には知り得なかった、苦労話の数々。

Img_0457 何も無い場所で、全てを一から手作りした、このワークショップに対する先生方の想いも格別なのでしょう。

私は、3年前に生徒として、そして今回スタッフとして、2度もこのワークショップに参加する事が出来て、本当に幸せです。

この1ヶ月間、スタッフ一同、会場設置から食事の手配まで、本当に一丸となって走り回りました。時にはスタッフ内で厳しい声が飛んだり、涙する人も・・・・。

Img_0459でも、どんなに忙しくても、動揺していても、通訳をするときには、平常心に戻らなくてはなりません。また、偏見や思い込みがあっても、フェアな通訳は出来ません。

究極の「動」から究極の「静」に、一瞬で、心を「無」にすること。そんな素晴らしいテクニックも身に付けました!これはきっと、私のボディーワークにも、これからのIMSIの仕事にも、役立つことでしょう!!

最後には、生徒さんや先生方から、たくさんの感謝の言葉&ハグを頂き、本当に感動しました。

日本からたくさんのサポートをしてくれたIMSIのスタッフの協力無しでは、今回のトレーニングの参加は有り得ませんでした。皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

Img_0726_2どうもありがとうございました。

|

■バリより~バリでのトレーニング最終章 by次女

Img_0587

1ヶ月のトレーニングも、最後の週になりました。

皆さん、ヨガのポーズもバッチリ決まり、ボディーワークの技術もグングンアップしてきています。

そして何より、皆さんの表情が、とっても穏やかに!!!confident

誰一人「愛と癒しを必要としない」人なんて、いません。

そして、誰もが「人に愛と癒しを与える事ができる」のです。

033私達ボディーワーカーは、クライアントのボディ・マインド・スピリットに愛と癒しを与えながら自分自身も受け取っているのです。

ヴィッキ先生は、「40年やっても、まだまだこの仕事が好きで辞められない。なぜなら、人にマッサージすると、自分が元気になるのよ!!悲しいとき、苦しいときこそ、人にマッサージをしなさい!」と言って、大きな声でアッハッハーと笑っています。

050エレン先生と共に、究極の年齢不詳・・・・。女性としても憧れてしまいます。

さて、最終週には、先生方や私達スタッフがモデルになり、生徒さんにフィードバックを返していきました。

皆さんの穏やかな顔と優しい手に包まれ、幸せなひと時を過ごしました。

|

■バリより~バリのスパ by次女

Img_0738 インドネシアは、世界第二位のスパ保有国。

その中でも、大多数のスパが、この小さな島、バリ島に密集しています。だから、町を歩いていると、あっちもこっちも「SPA」の看板だらけ。

クリームバスやペディキュアがたった数百円で受けられるカジュアルなスパから、超高級スパリゾートまで。スパ好きにはたまりません。

だけれども、「絶好のロケーション、設備もサービスも最高!!」というスパでも、施術者の技術が、「アレレレレ???」と思うことも、少なくありません。ちゃんとした技術を教える学校がまだ無いんですね。

だから、エレン先生の計らいで、私達のクラスには、JarimenariとBliss Spaという二つのスパのセラピスト達が、奨学金を得て参加していました。

Img_0745_2バリを、本当の意味での「スパ天国」にするのも、エレン先生の夢の一つ。

さて、私が今回お邪魔したのは、ウブド郊外・ブタヌ川の渓谷沿いにあるマヤ・ウブド・リゾート内にある「スパ・アット・マヤ」。

ここは、以前エレン先生がトレーニングをしたことのある実力派の高級リゾートなのです。

バリでは、「ココナッツの木よりも高い建物を建ててはいけない」という法律があります。だから、高級ホテルも、高層ビルではなく、全てコテージ・タイプ。素朴な味わいです。

Img_0746 フロントを抜け、こんな風景の中を延々と行きます。

「ど、どこまで行くのー???」と、驚くような広さ・・・。(頼めばカートで迎えに来てくれます)。

この景色の終点は、切り立った崖の上。

そして、エレベーターで渓谷の下に下りていきます。

これが、ウブドの地形を生かした素晴らしい仕掛けなのです。

Img_0763エレベーターを降りると、緑の渓谷。

オープン・エアのスパ・ヴィラ棟は、神秘的な景観に全身が包まれるようなレイアウトになっています。

ここでは、バリニーズ・マッサージとプルメリアのスクラブ、ヨーグルトパック、フラワーバスのセットをお願いしました。

川のせせらぎを聴きながら、心と身体の洗濯。

疲れや不要な感情を手放し、自然のエネルギーをたくさん頂きました。

Img_0758

|

2008年4月13日 (日)

■バリより~雨季の終わり by次女

Img_0694 私たちのワークショップも、残すところあと1週間となりました。

早いですね。あっという間でした。

今週は、先生と私たちスタッフがモデルになって、皆さんのフルボディトリートメントを受けてフィードバックを返していきます。

皆さんの「手」がどのように変わってきたのか、とても楽しみです。

スタッフのMTGでは、最終日のパーティーの企画で盛り上がっています。

「如何に日本人の生徒さんたちをノリに乗せるか」がスタッフ一同の大きな課題(!?)。「生バンドを用意しなきゃ!!」「その会場は、ダンスが出来る広さがあるのか!?」など、喧々諤々の議論が交わされています。

先日は、朝のヨガをお休みして、ライスフィールドの中を皆で2時間かけてウォーキングしました。

バリの風、とっても気持ちよかったです。

Img_0710 野生の鹿に遭遇しました。(バリに鹿が居たとは知りませんでした!!牛ではありません・・・)

なんと、私に近づいてきてくれたんですよ!!

バリでは、雨季が明け、乾季のシーズンに突入してきました。

私のつたない通訳業も、ラストスパートです。

|

■バリより~スペシャルニーズ by次女

「スペシャルニーズ」

つまり、

「特別な必要性」。

ボディーワークにおいては、身体の不自由な方など特別な配慮が必要な方へのケアを指します。妊産婦に対するケアもスペシャルニーズのひとつ。

Img_0648_2 私たちは、勉強のために、この1週間で、ふたつの施設にて訪問マッサージをさせていただきました。

ひとつは、「スナンハティ(インドネシア語でHappy Heart)」という、主に手足の不自由な方が暮らす施設です。

バリでは、つい最近まで身体にハンディがある子供が産まれると、他人に知られないように隔していたそうです。

2001年に外国人の団体によって、バリで初めて「ハンディを持った人のための遠足」が企画されました。そこで、参加者が生まれて初めて村から遠出したり、同じような身体症状を持つ人に出会って友情を築いたりしました。

Img_0655 これをきっかけに、2003年に正式に財団が設立され、正式な団体としてスタートしました。運営スタッフも役員も身体に何らかのハンディを抱えている方たちです。

使われていない校舎を改造して作った建物の中で、入居者たちが理学療法やアクアセラピーなどを受けながら、英語やコンピューター、工芸、製造業に必要なスキルなどを学んでいます。演劇やスポーツ大会、キャンプ、チェス大会なども行われています。

入居者たちが、自信を高め、社会的、経済的、身体的に自立することを目標としています。

もうひとつは、「ブミ・シハ(Gentle Birth for a Peaceful Future)」というNPOのクリニック&助産院。

Img_0722 ASEAN諸国の中でも、インドネシアの乳児死亡率はトップで、しかもバリ島は、インドネシアの平均よりも更に倍の高さです。

そのほとんどが、妊婦の栄養失調が原因と言われています。

ここは、宗教や文化に関わらず、住むところの無い人や低所得の女性にも産む権利を授けるために設立された施設。

アメリカ人とフィリピン人のハーフの院長先生と、医師、助産師、看護師、沢山のボランティアスタッフによって運営されています。

健診、鍼治療なども行われいるほか、無料でサプリメントや歯ブラシなどの配布、生活指導などもしています。だから、すごい人・人・人!!戦場のように忙しそうでした。

Img_0723 毎日お産が行われ、私たちが訪ねた日も、たくさんの生まれたての赤ちゃんに会うことができました。

この二つの施設での「タッチを通した心のふれあい」を通して、沢山のことを教えていただきました。感謝です。

このように、海外のワークショップにおけるスペシャルニーズのトレーニングでは、本物のクライアントさんが身体を貸して下さることが多いのです。自然療法に対する理解の深さと、心の寛大さが感じられます。

また、今回は、それを手配するスタッフの一員として、ワークショップを円滑に行う大変さを思い知りました・・・・。

|

■バリより~大御所登場 by次女

  Img_0632_2バリでのクラスも、いよいよ第三週に入りました。

ここで、大御所登場。

エサレン設立当初からのメンバーで、エサレンマッサージ創始者の一人でもあるヴィッキー・トップ先生が加わりました。マッサージ暦40年のベテランです。

エレン先生とヴィッキー先生が並べば、迫力満点・・・。

第三週から、背面のテクニックが加わってきました。

背面のロングストローク

肩関節のムーヴメントやローテーターカフ(回旋筋腱板)へのワーク

肩甲骨周辺のディープティシュー

股関節をオープンにするテクニック

など、

高度な技がぞくぞくと登場します。

以前、エレン先生のデモンストレーションが「水中バレエのようだ」と表現しましたが、ヴィッキー先生のデモは、まるで「無重力空間」。涼しい顔をしながら、ひょいっとクライアントの身体を持ち上げてしまうから驚きです。

ここまで来たら、あとはフルボディトリートメントの練習の繰り返しです。

私は相変わらず、通訳業、アシスタント、雑用係と、バタバタしていますが、夜も休憩時間も練習に明け暮れる皆さんを温かく見守っています。

Img_0637

|

2008年4月 6日 (日)

■バリより~自然 by次女

Img_0473_9Img_0577  バリでは、4月まで雨季ですから、毎日スコールが降ります。

雨上がりはとても気持ちがよく、周りの植物がすくすくすくと元気に育っていきます。

ここに居ると、感性が豊かになるのでしょうか?時々、植物に話しかけられたような気がします。そんな時は、しばらくそこにたたずんで、自然とのコミュニケーションを楽しんでいます。ちょっと怪しい人みたいですが・・・・。

この美しいバリを汚さないためにも、出来るだけゴミを出さないように、そして環境にやさしい生活を心がけたいと思います。

Img_0535 こちらでの生活は、この週末で半分終了です。早いですね。ボディーワークのクラスは、来週はいよいよ背面に突入。山場です。参加者の皆さんも、そろそろ焦りが見られ始めて、週末は練習に明け暮れる人もいるようです。

私は、ずっと「山人間だからビーチには行かない」と宣言していたのですが、誘われて、とうとう明日初めてビーチに行くことになりました。

日本では、入学のシーズン。桜がきれいでしょうね。すでに真っ黒に日焼けしてしまっているので、帰ったら浮いてしまいそうです。

|