2008年12月 9日 (火)

■干し柿、その後 by次女

2008_293

ベトナムに行っている間に、すっかり乾いて、シワシワになりました。

食べ頃です。

カラスってスゴイんですよ。

渋い柿は食べないのに、渋柿を干し柿にして食べ頃になった頃に略奪しに来るのです!!

カラスに取られる前に、家の中へ。

外側はしっかり固く、中はトロトロの甘ーい干し柿になっていましたヨ!!!

|

2008年8月 2日 (土)

■クワズイモ by次女

080801_163751 前からずっと欲しかった「クワズイモ」がやっと我が家に仲間入りしました。

特等席の、チャクラヒーリングタペストリーの横に鎮座。

クワズイモはサトイモ科の植物で、大きな葉っぱが特徴です。葉っぱの蒸散作用が強く、「生きた加湿器」と呼ばれています。

サトイモ科の植物って、南国チックだから好きなんです。

カエルの置き物と良く合います。

|

2008年7月18日 (金)

■パイナップルの実 by次女

アロマセラピストとして、精油を使う時に、

その精油の元となる植物が、どんな姿かたちをしていて、どんな地域で育って、地元の人たちにどのように使われているのか・・・・

ということを考えながら使うと、精油に対する愛着や考え方も深まるのです。

ラベンダーやペパーミントの姿はどなたでも見たことがあると思いますが、

例えば、

「スパイクナード」とか

「ヘリクリサム」とか、

珍しい精油を扱う時も、出来るだけ植物図鑑などで、その植物の本来の姿を確認してみると良いですね!!インスピレーションが沸いて来ると思いますよ!!!

080603_130810_m

精油とは関係ありませんが、パイナップルの実がなっているところです。

葉っぱの上に座っているみたいで、かわいいんですよ!!

|

2008年6月26日 (木)

■山形より(接写バージョン) by三女

Rimg1251_2

Rimg1253_3 

ただ愛機の接写力を自慢したかっただけなのですが・・・coldsweats01

う~む。。。
やっぱりすごいなぁー、Caplioheart04

|

2008年3月21日 (金)

■濃茶。by長女

今日の夜は、第一教室で次女と三女を交えて

「さよなら第一教室会」

が行われていたようですが、私は欠席して仕事の後はお茶のお稽古へ。

初めて濃茶のお稽古をつけていただきました。

しかし・・・

本当に自己嫌悪で泣きそうなくらい、うまくできないweepweep

でもお稽古の間は文字通り

「無心」

状態なので、終わると毎回清々しい気持ちになります。

今日はお抹茶を二服頂いて、夜中目が冴えて全然眠れません。

カフェインcoldsweats01

最近眠れないときは、YOU TUBEという便利なものがあるので、

昔のアーティストの映像を検索してBGM代わりにかけています。

昨日は浅田真央ちゃんが優勝するのをTVで観たら

なぜか

山崎まさよしさんを思い出し

山崎まさよし×奥田民生の「ルビーの指輪」

を夜中の3時過ぎに観ましたよ。

|

2008年2月22日 (金)

■釉薬レッスン by三女

先月作った器の素焼きが上がってきたので、昨日は歯医者の帰り、かなり遅い時間ギリギリにお教室に駆け込んで、釉薬レッスンを受けてきました。

どのくらい縮んだかな~、付けた柄はどんなアクセントになったかなーnotes

と、楽しみにしながら向かったのですが。。。
置かれた自作を目にして激しいショックを受けました。

中央に桜、器の底を囲むように草模様をあしらったのですが、この草模様がめちゃくちゃアンバランスで・・・weep

「台無し。」
そうつぶやいてしまいました。

嗚呼・・・。そう、そうでした。
美術は10段階で2だった学生時代。美的センスなんかあるはずがないのに、why oh why!柄を付けようなどと無謀な考えがよぎってしまったのだろうか。
浮かれていたとしか思えない。

これが『美味しんぼ』の唐人先生なら、その場で叩き割っていたことでしょう。
三女もドラマクィーンになりきり、やってやろうかと思いましたよ。

納得いかない作品をそれでも産まなければならないって、素人でもツライっすね。

初めての釉薬。
先生に教わりながら、液体を混ぜたら、さっと器を潜らせて、ムラをならしながら整えていきます。作業はとっても楽しくて、夢中になりました。

釉薬は、”紅しの”とかいう、オレンジ系をチョイスしました。
小松菜のおひたしを盛る、というテーマで走りだしたので、緑が映える色にしたかったのです。そういえば唐人先生も、枝豆を盛る器の色を選ぶとき、トマトの赤にこだわってたなぁー、なんて思いながら。

20080221193951

左が三女の。
完成が楽しみなような、そうじゃないような。
今度はお猪口を作りたいです。

|

2008年1月26日 (土)

■帰り道。

Getattachmentお茶のお稽古が終わって時計を見たら、11時半過ぎ!

こんな時間までお稽古をつけて頂いて、なんと感謝していいものやら・・・。本当にありがとうございます。

先生のお宅が2丁目。私の自宅は4丁目。

こんな寒い夜は近いけど遠い・・遠いけど近い・・。

心だけはホコホコ温かいんですけどネ。

|

2008年1月21日 (月)

■作品 by三女

陶芸教室に行ってきました。

20080119134942作品はこれ。手前のが三女のです。
柄付けがうまくいかなかったんですけど。。。

次は釉薬をかけるレッスン。
2週間ぐらいしたら素焼きがあがってくるそうです。

青菜のおひたしを盛るイメージで創ってます。
完成が楽しみ^^

|

2007年9月23日 (日)

■裏千家。by長女

Image10年以上前にほんのすこしだけお茶を習っていたことがあります。ずっと習いたくて、お教室を御紹介して頂いたのです。

でもその後身体を壊して、通えなくなってしまいました。そのまま行きづらくなってしまって・・・。

今月から御縁あってまた再会できることになりました。扇子や帛紗を引っ張り出して、また一から教えていただきます。

|

2007年7月 2日 (月)

■ベランダのハーブたち by次女

今日は、久し振りにスポーツジムに行って、中ジョッキ1杯とご飯0.7膳分のカロリーを消費してきました!!

・・・・さて、我が家のベランダが、だんだんハーブたちで賑やかになってきました。

070702_132129_mjpg でも、 同じ時期に種を植えたのに、(当たり前ですが)植物によって、全然成長の速度が違うのですよ。成長を見るのが毎朝の楽しみです。

ハワイでもらったコーヒーの木の種は、やっとひとつだけ発芽して、ただ今身長5ミリ。コーヒーは、気が遠くなる程発芽が遅いので有名だそうです。でも、ちゃんと育てば大木になります。

070702_132146_mjpg

ラベンダーは、ただ今3センチ。ゆっくりですが、少しずつ成長しています。早く、紫の花を付けて欲しいなー。

070702_132253_mjpg そして、1年草のバジルは、もう20センチ。大きな葉を沢山付けて、食べ頃です。1回だけの夏ですが、葉っぱを取っても取っても、次々と新しい葉を付けてくれます。バジルは、モッツァレーラチーズとトマトのサラダに沢山乗せて食べるのがお気に入りです。

園芸屋さんで鉢植えを買うのも良いけど、種から育てると、愛着がとっても湧くんですよ。ペットのように、「ハーブを飼っている」という気分です。

他には、ベルガモットミントとシソの葉もあります。ベルガモットミントは、フレッシュな葉を紅茶と混ぜて一緒に入れると、最高に良い香りです。シソは、大好きなお蕎麦の時にたっぷりと使っています。

|